HOME > リフォームの基礎知識

リフォーム箇所編

二世帯住宅にしたい

二世帯住宅には、縦分割、横(上下)分割、混合パターンなどさまざまな建物の分割方法があります。それにより費用がかなり変わり、メリット・デメリットも異なります。
二世帯が互いの生活をどこまで共有/分離するかが大きなポイントとなりますので、事前に、玄関・キッチン・浴室など大きなスペースから、インターホン・ポストなど細かな設備まで、共有する/共有しないをきっちり話し合うことが肝心です。昭和56年以前の建物の場合は、現行建築基準法に適用しないため、新築のほうが安い費用で済む場合もありますので、事前の方針決定は慎重に行いましょう。

子供部屋を増やしたい・防音室が欲しい

一戸建て(軸組工法)の場合はたいていのリフォームが可能です。ただし、法律や条例による制約(建ぺい率や容積率)や、構造的に動かしたり取り除いたりできない柱や壁がありますので、専門家の意見を聞くことが重要です。特に平屋に2階を増築する場合は、構造上の強度を満たすよう考慮をしないといけません。
防音室をつくる場合は、材料も大切ですが、音を漏らさない施工が何より重要です。防音専門の業者に依頼しましょう。
マンションの場合も間取りの変更は可能ですが、監理規約などにより、制限は一戸建てよりも増えます。

防犯を強化したい

手軽に出来る防犯対策は「人感知センサーの取付」や「玉砂利などを敷く」などです。「ドアの鍵を二重にする」「窓に格子やシャッターを取り付ける」といった対策も有効です。
防火対策としては「ガス漏れセンサーや漏電ブレーカーの設置」「耐火性の高い壁材の使用」「窓ガラスを網入ガラスに替える」などがあります。
更なる強化策とした、コストはかかりますが、「警備会社と個人住宅用のセキュリティ契約をする」方法もあります。

雨漏りをなおしたい

雨漏りの原因はさまざまで、目につかない部分での漏れもあり、放っておくと屋根の下地が腐食し、大がかりな改修工事が必要となります。早急に原因を突き止めて根本的な対策を講じましょう。
屋根と雨どいは5年に一度は定期的な点検とメンテナンスを行いましょう。こまめな手入れが、結果的には修繕費用を抑えながら家を長持ちさせることにつながります。

外壁のペンキを塗り直したい

外壁のひび割れは、下地を腐食させる原因となることがあります。大きなひび割れは、基礎部分に問題が生じているケースもありますので、まずは専門家のチェックを受け、きちんと補修をした上で塗装をするようにしましょう。

水廻りをなんとかしたい

キッチンやトイレ、浴室など、水廻りは老朽化が進みやすく、放っておくと、カビ、腐り、害虫の発生など、家全体に関わる問題につながります。早めの対策を行うようにしましょう。
毎日の生活に不可欠な箇所ですので、工事期間の確認を忘れずに。また、浴室等の全面的な改装を行う場合は、配管も新規のものに替えることが大切です。配管が古いままでは、リフォームが完成しても、またすぐに配管工事が必要な事態になりかねません。

バリアフリーにしたい

高齢者社会の到来により、高齢者向け住宅やリフォームへの注目が高まっています。「段差をなくす」「手すりを付ける」「引き戸にする」「家庭用エレベーターを設置する」など。
大切なのは、使う人の身になって考えることです。設置しても使いにくくては意味がありません。あまりに早く対策を講じて、実際に使う頃には条件が合わず、ムダになってしまう可能性もあります。今すぐに必要がない場合は、設置するためのスペースを確保して将来に備えるというのが賢明でしょう。

耐震診断をして、弱い箇所を補強したい

耐震診断は、是非、専門家である「住耐震・リフォームアドバイザー」の資格をもった建築士にご依頼ください。(ちなみに、当社建築士はこの資格を取得しております)
調査では、基礎・土台・梁・柱・屋根などの構造体を調べ、建築年数や地盤状況などと合わせて総合的に評価・診断し、その上で不安な点や欠陥があれば、補強方法を提案します。
当建築士事務所の所在地である茨城県の場合は、県から調査費の一部が補填される場合もありますので、ご相談ください。

リフォーム業者の選び方

Point1 お値段

もちろん同じサービス・施工・商品であれば安いほうがいいですよね。でも、安さだけで選んで、リフォームを失敗するケースが多いのが実状です。

WEBやリフォームイベント等の情報を調べて、そのリフォーム業者が適正な価格を出しているかをご確認下さい。相見積りするのも1つの手段ですが、3社以内に収めましょう。そうしないと、迷いに迷って業者を選べなくなってしまいます。
また、相見積りを行うのであれば、価格だけを見るのではなく、その会社の姿勢やサービス、提案内容をしっかりと見る事が大切です。

有名なので大手会社についつい依頼をしてしまいがちですが、大手の会社は高い販促コストをかけていたり、店舗経費が高かったりで、リフォーム価格が高くなってしまいます。そちらも検討の余地に入れておきましょう。

もうひとつ注意しておきたいのが、見積りです。項目ごとに費用の明細がわかりやすくなっているか。設備機器部材のメーカー品番、価格、数量などが具体的に書かれているかを確認しましょう。

Point2 設計デザイン力 提案力

設計デザインに関しても有名な大手の会社のほうが安心感があります。なので、有名な大手会社を使ってしまいがちです。
しかし、大手の会社の営業マンはリフォーム知識が少ない方が多く、デザインに関しても、提案に関してもしっかりとできないケースを多く聞きます。デザイン・提案力のある会社は、お客様のヒアリングをしっかりと行い、それに見合った提案をしてくれます。
また、自分の思っていたデザインと実際のものが違う!というケースもあります。しっかりと分りやすくプランニングを説明してくれて、デザインがわかりやすい設計図や手法を使っている業者を選びましょう。

Point3 サービス

リフォームはお家に他人を入れることになります。リフォーム業者の営業マン、プランナー、そして職人。そんな業者の姿勢や対応は、価格やデザインとはまた別にみなければいけないポイントです。笑顔で明るく元気に対応してくれるか?親身になって話を聞いてくれるか?などなど、自分の気になるポイントをしっかりと気に掛けてくれるリフォーム業者を選びましょう。
価格が殆ど変わらなかったら、自分のこういったサービスを気にして、相性にあう業者を選びましょう。

Point4 施工実績

業者の施工事例・施工実績はしっかりと確認をしておきましょう。その会社がどんな工事を行ってきたのか?その会社が最近実際に施工を行っているのか?その会社の得意分野は?など色々な情報が見えてきます。 施工実績を見れば、その会社のリフォームがわかるといっても過言ではありません。

また、施工を自社で行っているかどうかにも注目しましょう。自社で施工を行っていない場合、イメージを他社の職人に伝える際に間違って伝わってしまい、イメージと完成が大きく変わってくるという場合があります。自社施工を行っているかどうかというのもポイントの一つです。

Point5 アフターサービス

工事が終わったあとに気になる事といえば、アフターサービスです。
保証はしっかりとしているか?工事完了後も対応をしっかりとしてくれるか?など工事を行う前にしっかりと確認しておきましょう。ちゃんとしていない会社の場合は、このあたりでごまかす会社も。